【食品】Instagram(インスタグラム)ハッシュタグキャンペーンの事例7選!

ニュース

19日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)ではジャーナリストの伊藤詩織さん(30)が元TBS記者・山口敬之氏(53)から性暴力を受けたとして1100万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁が判決公判で「酩酊状態で意識がない伊藤さんに合意がないまま性行為に及んだ」と認定し、山口氏に330万円の支払いを命じたことを報じた。

【写真】退社あいさつ一転…絶叫のエンディング…玉川徹氏「違うでしょ!」連呼

 コメンテーターで同局の玉川徹氏は「民事なのでどちらの証言に信用性があるかって、そういう風なことなんですけど」と前置きした上で自身の見解を示した。

 玉川氏は「まず伊藤さんが置かれていた状況は、アメリカで働くことが内定している状況で上司になりえる人だったんですね、山口さんは。最終的な詰めの段階にあってビザの発行とかその辺だったんですけど、そういう風な段階で彼女は、やっと職を手に入れられる状況にあって、もし合意で性行為をした後にわざわざ、それをひっくり返すようなことをやること自体が不自然なんです。上司になる人をわざわざ貶めることをして欲しかった職を失おうとすること自体がまず不自然」と指摘した。

 さらに「一方で山口さんは、逆に手続き上の問題ぐらいしか残ってなかった状況で喫茶店でもいいわけです、お話するには。それをわざわざ2軒、居酒屋さんとお寿司やさんを事前に設定しておいて、彼女は酩酊状態になるわけです」とし「送っていくときに酩酊状態になったら僕だったら、急性アルコール中毒を疑います。だったら病院へ連れていこうと考える。そうじゃないとするなら家に送っていこうと考えるのが普通。そのなか、わざわざ自分が泊まっているホテルに連れて行くっていう選択肢は思いつかないですね、介抱としても」と指摘した。

 その上で「僕は下心があったんだろうなとしか思えない。だから、酩酊状態の中で性行為をすれば、当時の法律だから準強姦になるのかな?そういうことが認定されるわけで、二審、三審ってあるけど、もしかしたらひっくり返るかもしれない。なんでかというと、もともとこれ、逮捕状が発行されたのが執行されるまで止まっているのが異常なんで、こんな異常なことが起こるんだったら、これからも異常なことが起こりえるなと上にいけばいくほどって思っているんだけど、僕は詩織さんの言っていることを信じます。仮にどうなったとしても」とコメントしていた。

報知新聞社

『シェアコト』のInstagram運用サービス!

Instagramのキャンペーン『Tagplus』

インスタグラムキャンペーン実績数日本No1(航空会社、大型施設、ホテル、小売、メーカー)!
フォロワー獲得~管理画面まで一式準備 Tagplusはこちら

Instagramのキャンペーン『Tagplus』

インスタグラム×オウンドメディア活用のキャンペーン『Tagplus for webiste』

インスタグラム×オウンドメディア活用の実績多数(コンビニ、ブランド、小売等)!
自由なデザインで簡単に組込みができる Tagplus for webisteはこちら

Instagramのキャンペーン『Tagplus』